質問と回答

2015年2月 9日 (月)

第217:キャサリンへ4

キャサリンからコメントに回答します。

(コメント転記)
道場長に質問なんですが、道場長の歯科ではどのような治療をされていたのですか?
私は3年前に右上の奥歯の骨が少し溶けてきて、それからずっと歯科に通い、歯石取りと抗生物質の塗布やジスロマックの服用をしていたのですが骨はどんどん溶けて行き、今では片側の歯槽骨はありません。その歯は神経も腐ってしまい、神経も抜きました。痛みはさほどきつくはなく痛くなったらジスロマックを飲んでいました。歯磨きはいろんな本を読んだり、ネットで調べたりして一生懸命やっていたつもりです。
それが去年10月ごろから下の前歯がむずむずしてきて気持ちが悪いので歯科に行ったら、歯磨きのしすぎと言われ4日間下の前歯は磨かないように指導されました。(その歯科では歯磨き指導はしてもらっていません。)
歯周病の為には磨かないといけないのにと思い、このまま我流の歯磨きじゃどんどん歯が抜けて行くのでは?と不安に駆られ、きちんと歯磨き指導してくれる歯周病専門科医のいる歯科を探し今の歯科に通っているのです。我流で3年間して良くならなかったのでプロの力が必要だと実感したんです。これからの治療に不安もあります、お忙しいこととは思いますがお時間のあるときに教えてください。よろしくお願いします。(以上転記)

(回答)
1 歯ブラシ指導をしてくれる先生を、取り敢えずは信じて、私の本「歯周病の治る歯ブラシ法}の内容及び、このブログのカテゴリー「歯ブラシの技術」の記事を参考にして歯ブラシを続けてください。歯周ポケットの中を清潔にすること、これが全てです。
2 ジスロマックは抗生物質なので医師の処方に従ってください。痛み止めではないと思いますが。
3 私が受けた治療については、一部ですがブログに紹介してあります。カテゴリー「通院日記」です。細かすぎて、文章では正確に書けないので我慢してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

第216:キャサリンへ3

記事第214:歯間ブラシ:自説を糺す、に対するキャサリンからのコメントに回答します。

またまた おじゃまします。
1月21日に歯科に行きました。歯石を取って10分間うがいをし その後、先生が歯周病のところにお薬を入れて5分間おいて、うがいをして終わりでした。歯周病のひどい場所を教えてくれて、そこをしっかり磨くように指導されました。費用は1000円也。
また2週間後にブラッシング指導です。
先日 道場長の本読ませていただきました。歯ブラシのつま先磨き、私の使っている歯ブラシではなかなか難しいです、やわらかいのに変えてみるつもりです。
歯周病の治療は長くなりそうですが、道場長のように完治させたいです!!!
(以上転記)

(回答)
ブラッシング指導をしてくれるよい先生にめぐり合ったようですね。
歯ブラシも先生のお勧めがあると思います。私は本にも書きましたが2列のコンパクトなのと、ワンタフを特に勧めます。硬さはフツウで十分です。柔らかすぎるとポケットに入りにくくなるので要注意です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第215:キャサリンへ2

キャサリン、コメント有難うございます。
記事第212、に対するキャサリンからのコメントを転記します。

応援ありがとうございます。歯磨き指導まで感謝です。
近頃歯茎は健康に見えるのですが かみ合わせたりすると上の前歯に違和感があり少し動きます。
12月から歯周病専門医のいる歯科に通い始めました。
しかし 虫歯の治療が先で私の気になる歯周病については1月後半から見てもらうこととなり気持ちが少し焦っています。
歯周病とは長いつきあいになりそうです。治療を受けたらまたコメントしますね!!!このブログに支えられています。
(以上転記)

記事第214:歯間ブラシ:自説を糺す、に対するキャサリンからのコメントを転記し回答します。

歯周病専門歯医者にいきました。何と歯周ポケット12ミリもありビックリ!それは右の上の奥歯なんですが、すごい深さですが治ると言われました!
他は2,3,4,5,6ミリで、まあ良くもないし悪くもないと言うことで、詳しくは来週に教えてくれます。
写真撮影も沢山してくれて信頼できそうな歯医者さんです。 今日はお薬を歯周ポッケットの深い所にいれてもらいました。薬代は800円かかるよと説明もしてくれました。総額2800円もかかりませんでしたよ。しばらく歯科 通いが続きそうです。また報告しますね。
(以上転記)

回答
薬は多分12ミリのポケットに細いノズルを差し込んで圧入したのではありませんか?抗生物質を含んだ高価な薬だと思います。このやり方は悪くはないですが、毎日というわけにはゆきませんよね。私は歯科医で処方されるうがい薬の原液を、歯間ブラシかワンタフトブラシにつけてポケット入り口付近、できればポケット内部に塗ります。これだと毎日でもできます。
問題はやはりポケット内部への歯ブラシの挿入です。歯科医でノズルを差し込む角度と位置をよく覚えてきてください。そして鏡を見ながら家で研究してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

第212:キャサリンへ

キャサリン、コメント有難うございます。
歯の骨が溶けて抜けているようなものと言われた?痛みはありますか?ぐらぐらしてますか?など分からないので何とも言えませんが、

抜けるものならいずれ自然に抜けますので、それまでは抜かずに歯ブラシでがんばってください。

歯槽骨が歯周病菌に侵されて歯を支える力が弱くなっていると思います。この状態を溶けたと言っているのです。

歯ブラシをしなければもっと溶けてきます。歯ブラシで清潔を保てばこれ以上は溶けません。骨は回復しませんが、その間に歯を支える力の回復はいくらか期待できます。

その歯は多分四周に深いポケットがあるはずです。そこに歯ブラシを入れるるようにしてください。更に深くまで達すれば再度出血するかもしれませんがよいことです。

歯間ブラシなどを使ってイソジンなどのうがい薬の原液を注入してやるのもよい方法です。
あなたが2年前からやっていることは正しいような気がします。歯茎が後退しするので歯が長く見えるのは当然のことです。ぶよぶよの歯茎が引き締まってきている証拠です。

へたですが応援のエールを、
フレーフレーキャサリン!!
ガンバレガンバレ右奥歯!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

第136:都内HE様(4/4)

約1ヶ月の間に、歯ブラシの効果が現われているようです。私にとってこれに勝る喜びはありません。
それにしても、文通というものの、何と悠長なことか。しかしまた何と情報量の多いことか。都内HE様は、達筆であるのみならず、文章もまろやかで無駄なく、お人柄と教養が偲ばれます。1ヶ月で結果を出したことから、実行力と意志力も感じさせてくれます。都内HE様有難うございました。

(この記事終り)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第135:都内HE様(3/4)

(以下、ブログ掲載許可を頂戴するまでのやり取りです。)

21年11月26日、お礼の葉書
前略 お手紙いただき、ありがとうございました。ブログ拝見させていただきました。取り急ぎお礼申し上げます。

21年12月2日、私からの葉書
ブログ、ご覧とのこと有難うございます。
T歯科はやはり遠いようですね。病院を選ぶ場合は、歯周病の専門医を探すことをお勧めします。歯科も、6個の分野に専門分化しており同じ症状にもそれぞれ異なる診断があるようです。歯周病の専門かどうか、表記していない場合が多いので、しつこく尋ねるのがよいと思います。
ついでのお願いで恐縮なのですが、今回ご照会の件、ブログに、読者の声として、お名前を伏せた上で掲載させていただいてよろしいでしょうか、ご迷惑はかからないと思います。他の読者の声も許可を得た上で掲載していますので、ご覧ください。

21年12月7日、その後の経過とブログ掲載許可
前略、お手紙ありがとうございました。歯ミガキは毎日行っています。病院も歯周病菌の除菌を行い、症状がよくなってきています。定期的にクリーニングに行くつもりです。一番気分がめげているときに貴方様のご本に会え、日ごろのハミガキが以下に大切かおしえられ感謝しております。尚ブログの件はオッケーです。 草々

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第134:都内HE様(2/4)

(21年11月15日、都内HE様に以下のように返信しました。)

拝復、。「歯周病が治る歯ブラシ法」を書いた大内です。お便り有難うございます。歯周ポケットの感触が分からないとのことですが、私が今現在、最も良いと思っている説明は、「歯科医院で歯周ポケットの深さを測ってもらうときの感覚」です。少しちくっとする様な、あまり表面的でない感覚です。慣れれば自ずから分かると思います。
それからT歯科はご紹介できます。具体的な場所は別紙の通りです。私に紹介されたと言って、電話予約するのが良いと思います。その先生はK先生といいます。土曜日には必ずいます。歯ブラシを丁寧に教えてくれます。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第133:都内HE様(1/4)

(21年11月9日、出版社を経由して東京都内在住の女性から手紙を頂戴しました。了解を頂戴し掲載させていただきます。)

前略、突然お便りを差し上げます。本屋さんで貴方様の「歯周病が治る歯ブラシ法」という本を購入いたしました。只今、歯ブラシと格闘しています。(歯周ポケットの感覚がつかめません。)まだ今日が初めてなので、これから磨いていけば分かるのかと思っています。今まで何件か歯医者さんに行っていますが、必ず、「歯周病は治らないよ、結局少しずつ歯が抜けていきます。」と言われてました。
今、インターネット読売発行の「歯科の実力」週刊朝日発行の「Q&Aでわかるいい歯科医」の本も購入し、よい歯医者さんを捜していますが、まだ見当たりません。宜しければT先生の病院をお教え願えませんでしょうか?通院可能な場所でしたら是非伺いたいと思います。
お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、お手すきの時にでも同封の封書にてご回答いただければ幸いです。何卒宜しくお願い申し上げます。   かしこ

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

第126:回答

(第125の質問に対する回答です)

メール見ました。深刻な悩み分かります。私は今62歳ですが、深刻に歯周病に直面したのは52歳でした。歯が抜けたのです。徹底的に歯ブラシを研究し実践した結果、合計4本の歯を失いましたがもう大丈夫と言えます。歯ブラシで歯周病がほぼ治ったのです。あなたは若い早く気がついてよかったと思いなさい。
歯周病専門医にかかることは大いに賛成です。が、抜くと言われたら十分考えてからにしてください。抜くしかない歯もあるにはありますが、抜けるまで待つという選択肢もあります。良い歯医者は簡単に抜くと言わないこと、歯ブラシを丁寧に教えてくれること、歯石取りに15分以上かけること。です
内科と外科については虫歯の治療法の区分のことだと理解します。選択は医者に任せましょう。内科は先端技術なのでまだまだ少ないと思います。
歯周病は治ります。医者の治療と患者の努力がほぼ同じくらい重要です。片方ではだめです。
私のブログのカテゴリー「歯ブラシの技術」はざっと読んでみて下さい。ご健闘を祈ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第125:20代前半の女性

(この方も深刻な悩みを持っています。了承が得られたので紹介します。)

突然のメッセージ失礼します!歯周病コミュニティから来ました。
実は去年の4月くらいから歯茎から血がでだし、そのまま放置してしまい7月位に気付いたのですが、鏡をみた際に歯茎が腫れているような感じがして歯茎が下がったような気がしました。
それから違和感はあったものの、虫歯などなかったたも一年たち歯周病という病名を知り、もしかしたらと思い先月歯周病専門医の歯科へ行ってきました。一回目は測定のみで、歯科衛生士さんが2、3、4と歯茎を器具でさしながらいっていました。二回目は結果発表ということになり、一時間くらい説明があるとのことでしたが、かなり人気のある歯科らしく二週間に一回しか予約取れません。今はお盆休みになるため、二回目の発表にはまだいっていません。
最初は気付かなったのですが、ここ半年くらい歯磨きをしてから数分たつとすぐに口に膿のような味がして、口臭が気になるようになりました。
歯磨き指導はまだうけていませんが、ワンタフトブラシ、フロスなどもちいて1日に一回は念入りに掃除しています。
また虫歯がいくつかできてしまったため、専門医はなかなか予約とれないため、近所の評判の良い歯医者にて虫歯をとりあえず治そうとしています。
それから歯周病専門医の歯科にて歯周病の治療を再開しようとしています。
また歯科には内科と外科的治療があるようなので、どちらにしようか悩んでいます。どちらもかなり遠い場所にあるため、考えてしまいます。
まだ20代前半なのに、こんな状態になり、一時期は本当に死にたいとまで思ってしまいました。
歯周病は治療しましたら、良くなるんでしょうか?

毎日悩んでいます。何か良いアドバイスや治療方法など教えて頂きたくメッセージさせていただきました。
長くなってしまいましたが、返信お待ちしております。 よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧