コマーシャル

2009年9月15日 (火)

第123:歯が守れなくて国が守れるか(2)

(第120:歯が守れなくて国が守れるか(1)のつづき)
こうしてもがき苦しんでいるときに救いの女神が現れました。T先生です。先生は「なるべく抜かないで、歯ブラシで治しましょう。」と言ってくれたのです。私は直感的にこれに賭けました。煙草は歯周病によくないと先生に言われれば直ちに止めました。日に20分以上は歯ブラシに時間をかけるように、と言われれば、30分以上かけるように心がけました。こうして毎日の歯ブラシの修行が始まったのです。先生の指導を忠実に実行することと、自分なりの試行錯誤とを日々繰り返して、1年ほどで効果を実感できるようになりました。2年ほどで総入れ歯の恐怖感はなくなり歯周病独特の口臭もなくなりました。
この幸せを部下や同僚に分かち合おうと、歯ブラシのやりかたを教えてみました。しかし、人は誰でも、他人に口の中を覗かれるのには、とても抵抗があることが判明しました。私自身も人の口の中はあまり見たくなかったのです。実地教育は挫折したのです。しからばと、図と写真をたくさん使って歯ブラシの説明書を作り、一部の人に見せ始めた頃、定年になってしまったのです。
再就職して生活環境が変ったこともあって、人に教えることはすっかり忘れていました。たまたま、高校の同窓会で再会した友人が出版社を始めたことがわかり、この話をすると面白そうだから、説明書を見せろということになり、とうとう本として出版することにまでなってしまったのです。結果的に出版となりましたが、今では世の中の歯周病を減らすことが自分の使命だと思っています。
頼まれればボランティアで講習会を開きます。約1時間半の講義と実習で基本的なことは理解してもらえます。また「歯ブラシ道場」というブログを立ち上げて、歯周病予防に有益だと思われる記事を書いています。
演習で歯ブラシを怠りがちな自衛隊の後輩諸君に先ずはこの本を紹介します。書名は「歯周病が治る歯ブラシ法」サブタイトルは「大人のための歯ブラシ教室」です。先ず簡単な歯の構造を学びます。歯ブラシで何をするかを明確にして、最も難しい一番奥にある4本の歯について、歯ブラシの持ち方と当て方を図解します。次に歯科医の先生との関係構築についてアドバイスを書きました。この中では自分の歯の問題点を見つけるコツも示しています。次に歯ブラシの補助手段としてのゴムチップとうがいについて詳しく述べ、歯ブラシなど、道具の選び方のヒントも書きました。
歯磨き剤(歯磨きペースト)は特別な場合にしか使用しません。したがって歯ブラシ1本さえあれば、どんな状況でもどんな場所でもできます。自分の歯なので、一本一本心行くまで吟味して特長を覚え、これに応じた歯ブラシの使い方を習得して下さい。半年もすれば所要時間も短く、目をつむっていてもできるようになります。慣れれば演習場の天幕の、真っ暗な中ででもできるようになります。

歯周病を自衛官の職業病、としないことが、私の願いです。是非ご一読を。

「歯周病が治る歯ブラシ法」すぴか書房(TEL048-464-8364 FAX048-464-8336)
http://www.spica-op.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

第120:歯が守れなくて国が守れるか(1)

前回の記事第119、に紹介した、JDA倶楽部に掲載された文を以下転載します。長いので2回に分けました。「歯周病が治る歯ブラシ法」の執筆のいきさつを書いたつもりです。

 私は5年前に陸上自衛隊を定年退官し、現在は会社員として第2の人生を送っています。
自衛隊は、言うまでもなく教育訓練が主な仕事です。陸海空を問わず、3夜4日(陸上自衛隊ではサンヤヨッカと読みます)、4夜5日、5夜6日、程度の連続の演習はしょっちゅうあります。私の自衛隊生活の中で、最も多かった時期にはこれが年間10回以上ありました。つまり年間4~50日、演習想定の中にいたことになります。
 陸上自衛隊の場合は主に演習場の天幕の中で寝泊りしながらの生活となります。トイレには行くが風呂には行かない。手は洗うが顔は洗わない。仮眠はするが靴は脱がない。食事はするが歯は磨かない。・・・のです。それはそうです、想定とは言え戦闘状態なのです。毎年、数十日このような原始的な生活を、何十年も続けたのです。この生活は私には合っていたかもしれませんが、意外に健康的でした。演習中は、快眠、快便、緊張のせいか風邪も引かないのです。ところが反面、水虫は身近な存在でした。とてもよく効く自衛隊ブランドの水虫薬を愛用していました。皮膚がぼろぼろむけて、菌を退治するのです。水虫は、自衛官の職業病といわれています。
 ある時、もう一つのもっと重大な問題が出現しました。53歳のとき(定年3年前)、右上の最も奥の歯が音もなく抜けた(倒れた)のです。総入れ歯になる、という恐怖感に襲われました。あわてて近所の歯科医に行くと、ほかの歯も危ない状態です、いずれは抜けるでしょう、53歳にしては良い方です、などと、事もなげに言われました。歯周病という言葉もそのときに知りました。「そんなばかな」大いに焦って本を片端からあさり、インターネットを検索し、歯周病の予防について勉強を始めました。今にして思えばそのときの私は、国の防衛よりも自分の歯の防衛の方が先決問題でした。国民の皆様には申し訳ありませんが、自分の歯が守れなくて国が守れるか、という心境だったのです。
 後から自衛隊の歯科医官から聞いた話では、自衛官は他の社会の人々に比べて歯周病が多いそうです。やはりそうか、演習のせいだなと勝手に納得しました。こうしてもがき苦しんでいるときに救いの女神が現れました。T先生です。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

第119:自衛官と水虫

8月4日発売(8月5日付)、夕刊フジに「歯周病が治る歯ブラシ法」が紹介されました。この記事は水虫が主体の記事なのですが、ついでに紹介されました。
JDA倶楽部のホームページに私が書いた「歯周病が治る歯ブラシ法」の紹介文を、夕刊フジの記者が見て、取材に来てくれたのです。

ムレムレのコンバットブーツを履かねばならない自衛官が、如何に水虫と戦っているかが書いてあります。面白い記事なのでご一読を。(同じ記事がネットでも公開されているので、以下のリンクをクリックしても読むことが出来ます。)

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0908/04/news044.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

第83:ネット上の反響(3)

ウエストさんという人のブログで「歯周病が治る歯ブラシ法」を紹介してくれている。
以下引用させていただきます。有難うございました。

読んだ!歯周病が治る歯磨き:大内廣
「ここまでやる?素人が凝る歯ブラシ、次の健康ステップはこれ」

歯周病が治る歯ブラシ法:大内廣
発「歯が痛いそんなときにブラッシング習って安心歯を鍛える」
概「素人が教える一生付き合える掃除、風呂磨き、どぶさらい」
得「エンジニアとして、道具、歯ブラシ、医者との付き合い方、具体的に」
結「その気になる歯ブラシ今日からその一歩、道具を買っていざスタート」

http://west32.at.webry.info/200808/article_43.html

発:(第一部)どんなきっかけで
概:(第二部)本の内容を要約
得:(第三部)その本から得たのがどのようなことか、どんなところがおもしろかったか
評:(第四部)全体のまとめや本についての評価

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

第23:ネット上の反響(2)

ネット上で見つけた「歯周病が治る歯ブラシ法」の反響を追加します。

1 中日新聞「50歳プラスを生きる」、2007年9月19日の記事のネット版:新聞に載った写真は省略されている。大内廣は歯医者でもないのに歯ブラシの本を書いた珍しい人として紹介されています。

www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2007091902049885.html - 26k -

2 上の記事の反響:松本京一博士のブログ、著者の大内廣が、患者として歯周病の予防に取り組む姿勢を評価してくれています。

http://www.miyabi-c.co.jp/hidamari/data_pdf/2007_11/14_16p.htm

3 前島歯科のブログ:患者サイドからの歯ブラシの仕方などはユニークだとの評価をしてくれました。

http://blogs.yahoo.co.jp/casaforte49/3150775.html

4 横田歯科医院のブログ:歯周病の患者さんたちへの応援歌として「歯周病が治る歯ブラシ法」のまえがきが採用されました。

http://yokotasika.blog.ocn.ne.jp/dentist/2008/06/post_a62f.html#comment-8285351

「歯周病が治る歯ブラシ法」すぴか書房(TEL048-464-8364 FAX048-464-8336)
http://www.spica-op.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

第16:ネット上の反響

「歯周病が治る歯ブラシ法」に関してインターネット上に見つけた反響を紹介させていただきます。検索エンジンを使用して書名で検索して見つけたものです。URLを載せました。他に見つけたらまた載せます。

1 本やCDを紹介、販売しているサイト。出版社の宣伝文句ではなく、実際に本を読んでの感想を書いてくれていて、著者としてはこんなうれしいことはありません。

http://www.favoritedb.net/shops/xrmtm3lks/book/?ASIN=4902630079

2 歯医者さんのブログ、新聞記事を見て私の本を買ってくれたようです。ほめられて光栄です。私の講習を聴いてくれた方も書き込みしてくれてます。

http://blog.goo.ne.jp/fukaodc/e/2d38f9294362fbd121c7d4ae6d5da7fc

3 整体師の先生のブログ、大いに推薦してくれていると言うことでうれしいです。歯も整体でよくなるのかな?

http://www.shinkyu-wa.com/cp-bin/blog/index.php?cid=4

「歯周病が治る歯ブラシ法」すぴか書房(TEL048-464-8364 FAX048-464-8336)
http://www.spica-op.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)