雑談

2014年12月 9日 (火)

第213:口の中の環境汚染

私の住む町を流れる大岡川。横浜市内に源流を持つ長さ10数キロの2級河川。

今年は所々で子供が水遊びをしているのを目撃しました。まさかと思いよく見ると水が汚くないのです。

この川は大部分が人口密集地域を流れることから少し前までは汚なくてとても泳げるような川ではない、との先入観から目を疑ったのです。

川を汚し続けてきた同じ人間が今度は川をきれいに管理し始めたのです。自然との折り合いが文化国家に課せられた義務だと気づいたのです。

原始の時代、自然の中で暮らしていた頃は自ずから折り合いはついていました。人間が過ぎれば自然が怒る、という関係でバランスが取れていたのです。

原始の時代、人間の口の中も結構きれいなものだったと思われます。(石川純先生が、野生のサルの口の中を査察したことは、記事第204で紹介しました。)

しかし人間は火を得、道具を工夫し、調理を覚え、食物をより効率的に体内に取り入れることに成功しました。その反面、軟らかい糖の多い食物の弊害を被ることになったのです。虫歯や歯周病にも罹りやすくなりました。

口の中は文明により汚染されたと見ることが出来ます。この弊害を少しでもなくす対策が歯ブラシなのです。
まわりくどい説明になりました。おいしく栄養のあるものを楽しく食べ続けるためには歯ブラシは不可欠です。(記事第85参照)

石鹸やトイレットペーパーを使う、風呂に入る、衣服をまとう、文明人だからやらねばならないことは結構あります。
信号を守る、電話をかける、電車に乗る、文明を享受するために勉強することはまだまだあります。
その内のひとつに歯ブラシがある思ったらどうでしょう。口の中の汚染を放置すれば悲惨な結果を招きます。

口の中を、野生のサルのように清潔に保つのは、今のところ歯ブラシに頼るのが最良の方法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

第195:東京直下型地震

昨年9月の台風で帰宅困難者になりました。通勤途上の知らない駅で降ろされ、家にも会社にも行けない羽目となりました。
更に今年1月23日、東京大学地震研究所が、マグニチュード(M)7級の首都直下型地震が発生する確率は4年以内で70%とする研究結果を公表。
私は、横浜南部から、東京都内の会社に通勤しています。平日、12時間は都内か電車の中、週5日なので、単純化すると3分の1は家にはいないことになります。家以外の場所で地震に遭う確率が3分の1ということです。
会社に居ることが多いので会社の更衣ロッカーには帽子、スニーカー、下着、靴下、手袋、タオル、水、食料などを入れておきます。
外にいる、或いは電車などに乗っていることもあるので、帰宅困難者になる確率はけして低くないはずです。
そこで取り敢えず持ち物を少し増やしました。小さなポーチで全重量は約650グラム。愛用のシステム手帳より軽い。中身は、
情報入手のための物:東京都の地図、コンパス、ラジオ、携帯電話の電池パック、老眼鏡
応急救助のための物:ペンライト、警笛、タオル、傷テープ、マスク、カイロ、ナイフ、ライター
金をかけずにしかも軽くする工夫が不可欠でしょう。ラジオは980円、単4電池2本で60時間、ペンライトは2000円、単4電池2本で160時間、電池パックは乾電池充電器よりもはるかに軽い。コンパスは2000円。その他のものは、ポーチを含めて全部百均ショップで買えました。
このほか、日頃からなるべく、ペットボトルや飴くらいはカバンの中に入れておくように心がけます。軍手とか、雨衣とか欲しいものは際限はありませんが、少しでもと考えることが重要でしょう。
歯ブラシ道場の道場長としてはこれに歯ブラシを1本加えることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

第187:帯状疱疹

帯状疱疹という病気にかかってしまいました。

10月末の休日、庭の手入れをしている時に背中に、異物が入ったように感じ、その夜、胸に赤い発疹が見られました。

虫刺されだと思い皮膚科に通院したところ、先生は帯状疱疹と即断、抗ウィルス剤を処方してくれました。

赤い発疹はみるみる拡がり、右半身の胸から背中にかけて巾10センチほどの疱疹の帯が出来ました。外部の疱疹の痛みと、内部の神経の痛みに夜も眠れないほどの時期もありました。皮膚表面のピリピリした痛みと、内部の神経の圧迫されるような痛みが混じりあった、独特な痛みです。

1ヶ月たって、医者から神経ブロック注射を勧められたのですが、背骨に麻酔薬を注射すると聞いて、怖じ気づいている内に痛みも下火になってきました。様子を見つつ今に至っています。日に日によくなってきています。完治したとはいえない状態かもしれませんが、我慢できる範囲なのでそのままにしてあります。いずれ痛みも消えることを期待しています。

そんな中、11月5日に歯科通院しました。先生は心配し、気の毒がってくれましたが、いつもよりは相当悪いと言うコメントももらいました。帯状疱疹は免疫力の病気なので、歯周病にも良いはずありません。密接に関係あるはずですが、この記事はカテゴリーを雑談としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

第170:体温を上げよう

5月11日放送のためしてガッテンを見て我が意を得ました。この日のテーマは「健康のために体温を上げること」で、入浴が良いと言っていたのです。私は日に1回、入浴時に歯ブラシをしていますが(関連記事:第46、第167、その他)これがこの番組の入浴法と似ていたのです。

私は、40度位の湯に胸まで浸かって30分歯ブラシします。少しぬるいけど身体は温まります。汗もたくさん出ます。変温動物と違って恒温動物の人間は体温を一定に保つ働きがあるために番組の実験では、15分くらいまでは体温は余り上がりません。その後に急カーブで上がります。だから最低20分、できれば30分浸かるのがよいのです。その後ビールで水分を補給して朝まで快眠です。体温はまた元に戻るのですが高い状態を保つことが健康に良い、つまり免疫力を強化することになるそうです。

何もせず30分は辛い、だから歯ブラシしながら時間を使う、と考えてもいいでしょう。わずかの投資でトリプルインカムとも言えます。心臓に自信のない人には勧められないかもしれませんが・・・

別のテレビ番組で見たミツバチのことです。熊蜂がミツバチの巣を襲います。ミツバチ達は殺されても捨て身で敵に食らいつきます。1,2,3匹・・・次第に多勢が食らい尽き蜂のかたまりが出来ます。やがて熊蜂が死にます。ミツバチ軍団は多くの犠牲を払いましたが防衛は成功しました。熊蜂はミツバチよりも体温がわずかに低いため蒸し殺されたのです。蜂って恒温動物なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

第169:歯科医の使命感

4月15日読売夕刊に、被災地での歯科医の活動が紹介されています。
歯科の治療活動ではありません。遺体安置所で遺体の身元特定のため、口の中を調べているのです。未だに次々に運び込まれる遺体を黙々と調べている、と報告されています。
プロとしての職業意識、使命感の高さを見る思いで頭が下がります。
被災地ではそのほかに、自衛官、消防隊員、その他多くのプロフェショナルが現場で黙々とやっています。感謝するとともに敬意を抱きます。

話は違いますが、原発で、作業員が放射能汚染水に浸かった事故がありました。万全な靴を履かなかったお前たちが悪い、と非難する人が居ました。危険な場所で作業してくれている人に、先ずはねぎらいと感謝、それから安全対策、というのが手順だと思いませんか。現場を全く知らない人は、往々にして現場のせいにして、責任逃れをします。許せません。

ともあれ、現場で身元調査に当たってくれている歯科医の皆さん、歯ブラシ道場長は、深く感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

第158:耐性菌

微生物の世界には不思議なことがあります。面白い記事がありました。歯周病と直接の関係はありませんが、興味本位で紹介します。

毎日新聞 2010年9月17日
◎ゴキブリ:人類救う?脳組織に耐性菌死滅作用 英大学発表
ゴキブリやバッタの脳組織に強力な殺菌作用があることを、英ノッティンガム大の研究チームが突き止め、英総合微生物学会で発表した。
薬剤が効かない多剤耐性菌が問題になる中、チームは新たな抗生物質の候補として期待を寄せている。
熱帯から亜熱帯に分布するワモンゴキブリと、農業被害をもたらすサバクトビバッタの組織を使い、耐性菌のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)や病原性大腸菌への効果を調べた。
その結果、ゴキブリ、バッタとも筋肉や脂肪などに殺菌作用はなかったが、脳や神経などの組織は細菌を90%以上死滅させたという。
9種類の抗菌性たんぱく質を見つけ、多剤耐性アシネトバクターなど、抗生物質がほとんど効かない細菌への効果も調べている。
チームは「清潔ではないところにすむ昆虫が、多様な細菌から身を守る力を持っているのは当然だ」と話す。
この発見が、新しい抗生物質の開発に実際に結びつくかは不明だが、チームの研究者らは「5~10年後には臨床試験し、製品化を目指したい」と意欲を見せている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

第144:病院嫌い

我が家の犬が、足をいためて、びっこを曳きます。ところが、散歩で家の外に出ると、びっこを曳かない、家の中に入るとまた、痛々しくびっこを曳くのです。獣医の先生に言わせると、動物は、敵の多いところでは、なるべく弱みを見せないようにするのだそうです。びっこを曳くことは、弱肉強食の世界では不利なのです。
私は子供の頃、病院が嫌いでした。病院が怖かったからだと単純に考えていましたが、実はそうではなく人に弱みを見せないようにする本能が強かったせいだと今は思っています。小学校のとき、病院に行くために早退する子や休む子がいると、羨ましいのと同時に、訳もわからず軽蔑していました。病院に行く奴は弱い奴だ、と思っていたふしがあります。
最近は、病院には抵抗無く行きます。早期発見、早期治療が最も良いと知ったからです。健康を保つためには病院の意見を聞くことは悪いことではないでしょう。
昨年は、指に楊枝が刺さって皮膚科に、白眼が充血して眼科に、ギターのやり過ぎで左指が痛くなって整形外科に、首筋が痛くなって鍼灸治療院に、風邪気味では3回ほど内科に、それぞれ通院しました。歯科医には月1回は行ったと思います。
早期治療が最も良いと思っているのと、やはり暇になったせいもあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

第141:八幡宮の大銀杏

鎌倉の鶴岡八幡宮の銀杏の大木が倒れました。八幡宮別当公暁(くぎょう)が、この木の陰に隠れて待ち伏せし、征夷大将軍源実朝を暗殺したのは1219年。今から791年前、その時既に大木だったはずなので、樹齢は相当なものです。

神社と市は、歴史の目撃者、この銀杏を何かの形で残そうとしてると報道されていますが元の通りになるはずもありません。素人考えですが、倒れた原因のひとつは急な斜面にあるのではないでしょうか。

歯周病に罹ったも、この銀杏のようにある日、突然倒れます。顎の骨が溶けてレベルが下がり、八幡宮の斜面のようになり、の根を支えることができなくなります。この場合、は抜けるというより倒れます。命あるものは滅びると言ってしまえばそれまでですが、銀杏も、もう少し長らえさせる手はあったはずです。八幡宮には何度も参拝したので、なじみの深かったこの銀杏の木に、私は既に失った自分のを連想します。

謹んで哀悼の意をささげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

第139:エステとは(その2)

エステについてもう一言。
ベリーダンス、ジャズダンス、社交ダンス、フラダンス、日本舞踊、ヨガ、気功、太極拳、各種マッサージ、アロマ、エステサロン。健康で美しくなるための、教室、スタジオなどは無数にあります。これに費やされるお金も相当なものでしょう。人間の根源的な欲求なので、惜しみなくお金を使うのです。先日、NHKのためしてガッテンで、ただでできる顔のシミ取り。洗顔法の番組をやっていました。昔から、美白サロンなどでやっていた、泡を使う洗顔の、理論と方法を具体的に紹介していました。お金を払ってサロンに行くと、この方法を手取り足取り教えてくれるそうです。この番組では、家で、無料でできることを強調していましたが、無料だと効果がないと感じる人も多いかもしれません。

歯ブラシ道場というのは現実世界には存在しないでしょう。せめてネット上には在ってもよいのではと考えて、このブログを書いています。洗顔にしろ歯ブラシにしろ、本質的に重要なことは、きわめて単純なことが多く、誰でも、何の苦も無く、もちろん無料でできる、とは私の昔からの考えです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

第138:エステとは

エステティック、はもともとは美とは何ぞや、を究明する学問の一分野です。
しかし、この言葉、現代では、少なくとも日本では、人が外見を美しくするための手段と、されているのではないでしょうか。化粧(メーク)、美容体操(フィットネス、ダンス)、痩身、脱毛、美白、などを言うと思います。ファッションなども含まれるのでしょうか。

ともあれ、私が言いたいことは、美しくなることと健康であることは不可分な関係にある、更に言いたいのは健康であれば、それだけで十分美しい、ということです。異性を選ぶ場合、言うか言わないか、意識するかしないか、は別として、健康は必要不可欠な条件ではないでしょうか。

審美歯科と言う分野があります。ウィキペディアによると、「審美歯科の具体的内容は、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、セルコン、その他特殊材質による人工歯などがある。近年では、スカイスといわれる歯のピアスを施す歯科も増えてきている。多くは保険の適用外の医療」だとあります。最近の若い歯学生に人気が高いそうです。

私は何かが変だと感じます。何も知らない門外漢が何を言う、との批判は受けます。しかし、歯学生には、歯の健康を守る歯学の王道を目指してほしいと思います。わざわざ審美歯科などと言わなくても、健康は美、美は健康、と思うからです。

少し違う話ですが、指名手配中の殺人容疑者が、逃走中に整形手術を繰り返していた、との報道がありました。これも何か変です。整形手術をした医師がいたのです。整形手術をした医師が、指名手配写真を、見て見ぬ振りをしたのなら重大犯罪です。見ていなかったとしも、十分犯罪です。素人なら犯罪とは言えないかも知れませんが、その医師は顔を変更するプロです。指名手配の写真に関心が向かないはずはない、この考え、極論でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)