« 第213:口の中の環境汚染 | トップページ | 第215:キャサリンへ2 »

2015年1月 2日 (金)

第214:歯間ブラシ:自説を糺す

記事第211のKM先生の推奨を受けて、歯間ブラシを1年間試してみました。

試した方法は、、1日1回・歯ブラシを終えてから歯間ブラシを使います。極太(太さ7段階の7)、中くらい(同4)、極細(同2)の3種類を場所によって使い分けます。1箇所につき裏表から数往復づつ、全部で2分とかかりません。マッサージ効果と歯垢の清掃、また歯ブラシで除去し損ねた粒状の食物のかすが取れることもあります。
数ヶ月で明らかに状態は改善しました。噛むと痛い部分も解消または緩和してきました。

歯間ブラシには
1 マンネリに陥りやすい歯ブラシに対して、使用法が簡単なため常に一定の効果が期待できる、
2 歯ブラシの当てにくい場所に楽に到達できる、
3 急ぐ場合などでも短時間で一応の清掃効果が得られる。
4 歯間ブラシで、歯周ポケット入り口付近までは確実に達することができる。
という特徴があります。

一方問題もあります。
1 歯根の柔らかい部分が露出している場合などには、歯をを傷つける恐れがある。
2 金属の部分で歯の表面を擦る恐れがある。
3 歯周ポケットの内部の清掃は出来ない。 

私なりの結論を言うと、歯間ブラシは口の中を清潔に保つためにとても有効な道具です。
しかしながら問題点もあるので、ダメージを最小に抑える注意を払いつつ使う必要があります。
絶対奨められない、という専門家も存在することを付記します。
私は引き続き使い続けてみます。問題があれば直ちに報告します。

参考のため注意点を挙げてみます。
1 何回も激しく往復させない。くれぐれもやり過ぎない。
2 毛の磨り減っていないものを使う。金属部分が歯に触れないようにする。
3 適切なサイズのものを使用する。きつきつサイズは厳禁。
4 あくまでも歯ブラシの補助手段と考える。

|

« 第213:口の中の環境汚染 | トップページ | 第215:キャサリンへ2 »

道具」カテゴリの記事

コメント

歯周病専門歯医者にいきました。何と歯周ポケット12センチもありビックリ!それは右の上の奥歯なんですが、すごい深さですが治ると言われました!
他は2,3,4,5,6センチで、まあ良くもないし悪くもないと言うことで、詳しくは来週に教えてくれます。
写真撮影も沢山してくれて信頼できそうな歯医者さんです。
今日はお薬を歯周ポッケットの
深い所にいれてもらいました。薬代は800円
かかるよと説明もしてくれました。総額2800円もかかりませんでしたよ。しばらく歯科
通いが続きそうです。また報告しますね。

投稿: キャサリン | 2015年1月14日 (水) 18時50分

すみません ポケットはミリですよね!!間違ってセンチにしてしまいました。

投稿: キャサリン | 2015年1月16日 (金) 10時56分

またまた おじゃまします。
1月21日に歯科に行きました。歯石を取って10分間うがいをし その後、先生が歯周病のところにお薬を入れて5分間おいて、うがいをして終わりでした。歯周病のひどい場所を教えてくれて、そこをしっかり磨くように指導されました。費用は1000円也。
また2週間後にブラッシング指導です。
先日 道場長の本読ませていただきました。歯ブラシのつま先磨き、私の使っている歯ブラシではなかなか難しいです、やわらかいのに変えてみるつもりです。
歯周病の治療は長くなりそうですが、道場長のように完治させたいです!!!

投稿: キャサリン | 2015年1月23日 (金) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/58454580

この記事へのトラックバック一覧です: 第214:歯間ブラシ:自説を糺す:

« 第213:口の中の環境汚染 | トップページ | 第215:キャサリンへ2 »