« 第214:歯間ブラシ:自説を糺す | トップページ | 第216:キャサリンへ3 »

2015年1月24日 (土)

第215:キャサリンへ2

キャサリン、コメント有難うございます。
記事第212、に対するキャサリンからのコメントを転記します。

応援ありがとうございます。歯磨き指導まで感謝です。
近頃歯茎は健康に見えるのですが かみ合わせたりすると上の前歯に違和感があり少し動きます。
12月から歯周病専門医のいる歯科に通い始めました。
しかし 虫歯の治療が先で私の気になる歯周病については1月後半から見てもらうこととなり気持ちが少し焦っています。
歯周病とは長いつきあいになりそうです。治療を受けたらまたコメントしますね!!!このブログに支えられています。
(以上転記)

記事第214:歯間ブラシ:自説を糺す、に対するキャサリンからのコメントを転記し回答します。

歯周病専門歯医者にいきました。何と歯周ポケット12ミリもありビックリ!それは右の上の奥歯なんですが、すごい深さですが治ると言われました!
他は2,3,4,5,6ミリで、まあ良くもないし悪くもないと言うことで、詳しくは来週に教えてくれます。
写真撮影も沢山してくれて信頼できそうな歯医者さんです。 今日はお薬を歯周ポッケットの深い所にいれてもらいました。薬代は800円かかるよと説明もしてくれました。総額2800円もかかりませんでしたよ。しばらく歯科 通いが続きそうです。また報告しますね。
(以上転記)

回答
薬は多分12ミリのポケットに細いノズルを差し込んで圧入したのではありませんか?抗生物質を含んだ高価な薬だと思います。このやり方は悪くはないですが、毎日というわけにはゆきませんよね。私は歯科医で処方されるうがい薬の原液を、歯間ブラシかワンタフトブラシにつけてポケット入り口付近、できればポケット内部に塗ります。これだと毎日でもできます。
問題はやはりポケット内部への歯ブラシの挿入です。歯科医でノズルを差し込む角度と位置をよく覚えてきてください。そして鏡を見ながら家で研究してください。

|

« 第214:歯間ブラシ:自説を糺す | トップページ | 第216:キャサリンへ3 »

質問と回答」カテゴリの記事

コメント

お薬は黄色の粘つく物でした 先の尖った物で歯と歯の間に突っ込んでいました。多分抗生物質でしょう。以前通っていた歯科で良く入れて貰っていました。
入れて貰うとしばらく調子が良くなります。でも、2〜3日くらいしか効きませんでした。やはり日々のホームケアが大切ですよね。道場長の仰るようにうがい薬をワンタフトブラシで歯周ポケットに直接塗り込むのが効果的ですよね。指導して頂いてから コンクールFを毎日塗り込んでいます。歯周病になり 憂鬱な毎日ですが治ると信じて頑張ります。

投稿: キャサリン | 2015年1月25日 (日) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/58692917

この記事へのトラックバック一覧です: 第215:キャサリンへ2:

« 第214:歯間ブラシ:自説を糺す | トップページ | 第216:キャサリンへ3 »