« 第203:幼児教育で歯ブラシを | トップページ | 第205:平成25年3月23日 »

2013年3月 1日 (金)

第204:人間はなぜ歯を磨くか

石川純著、「人間はなぜ歯を磨くか」(医歯薬出版、昭和61年3月20日)を紹介します。
石川純:
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%B4%94

自伝的にエピソードを追いつつ歯ブラシの必要性を説いた好著。
著者は、歯科医師となり、医師ともなり、更にアメリカで歯科を学び、東京医科歯科大学、北海道大学で活躍した。
今から50年以上昔、アメリカでは既に歯ブラシで歯周病が治っていたという。(日本では未だに「歯周病を治せばノーベル賞物だ」などと言う専門家もいるくらい遅れているのが現実。)
帰国して、歯ブラシに関する、動物実験、臨床実験等を繰り返し、一貫してブラッシングの重要性を主張し続けた。
著者の誠実さは、初めての患者の接し方、分かりやすい説明の例示、など随所に見られ好感を持った。

一般読者向けの部分と専門家向けの部分とが混在するが、専門家向けの部分も丁寧に読めば一般の読者も理解できる。
私は、「歯周病が治る歯ブラシ法」の執筆に当たってこの本は見落としていたが、歯周病と歯ブラシの関係についての見解はほぼ一致している。歯ブラシ道場長お勧めの本としたい。

これだけ明快に歯ブラシの重要性を説いた主張が既に絶版となっていることに驚く。
著者が執筆時点(30年前)に提起した問題点が未だに何も解決していないことに更に驚く。
歯ブラシの効果を認めない人によって抹殺されたのかとも疑ってしまう。
もっと読まれるべき本。医歯薬出版には再出版をお願いしたい。
当面、図書館で捜すのが早道か。

特にわが意を得た印象的な記事は、
●ニホンザルの食物
の4割は葉、2割は果実。スイカを与えると真っ先に種を食べる。歯垢が付着する条件がない。調査により、野生のサルの口の中は極めて清潔なことを実証。

●人類は、火や石器を手に入れ食物を加工して
栄養吸収効率が向上した反面、歯が小さくなった。禁断の木の実はやはり知恵だった。

●砂糖を多く食べる害悪について詳述している。
離乳の時期にセロリやにんじんを我が子に与え、偏食なく健康に育った事実が書かれている。
偏食のある子供は離乳の失敗だと断言する。世の母親要注意。

●歯垢(プラーク)とは、
歯に付着した口腔常在菌とその排泄物のかたまり、食べ物のカスのことではない。
時間が経つと唾液中のカルシュウムを取り込んで固い歯石となる。うがいくらいで除去出来るものではない。
顕微鏡を発明したレーベンフックが歯垢中の細菌を確かめたとされる。

●歯磨き行為の目的は、
①歯垢の除去、②歯肉のマッサージ強化。
自然界の他の動物の行動にも見られる身の清潔を保つひとつの手段と考える。

●歯磨き剤や洗口剤は、
広告や流行に惑わされず節度を持って使用せよ、と主張。万能ではないことを強調。

●フッ素の再石灰化効果と重曹の洗浄効果効用も述べている。

●最終の8,9,10章は、
①様々なブラッシング法の紹介と、それぞれの利害や使い分け、
②歯ブラシと補助器具の紹介と使用法、
③ブラッシングの効果の実証、
④歯ブラシ指導上の留意点等、いずれも用語等やや難解で、専門家向けの記事。

|

« 第203:幼児教育で歯ブラシを | トップページ | 第205:平成25年3月23日 »

評論家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/49751060

この記事へのトラックバック一覧です: 第204:人間はなぜ歯を磨くか:

« 第203:幼児教育で歯ブラシを | トップページ | 第205:平成25年3月23日 »