« 第198:平成24年7月 | トップページ | 第200:プロの歯周病患者 »

2012年11月28日 (水)

第199:平成24年11月10日

24年11月10日、前回7月から4ヵ月後の定期健診でした。

7月の虫歯の診断結果は安定しており良好との診断でしたが、私から先生に、
4月に見ていただいた、左下7番がまたしても徐々に冷たいもの熱いものにしみ様になってきたことを報告しました。

局部のレントゲン写真までとって詳細に見ていただきました。
神経にまでは届いていないが、かなり近いとのことです。
しみるのは無理もないとのことでした。

また、この歯は上側に噛み合わせの歯がないので、最悪抜いてしまっても影響は軽微だろう。抜く以外には、神経のみを抜く方法もあると言ってくれました。

我慢出来ないほどなら話は簡単ですが、悩ましいところです。

|

« 第198:平成24年7月 | トップページ | 第200:プロの歯周病患者 »

通院日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/48008051

この記事へのトラックバック一覧です: 第199:平成24年11月10日:

« 第198:平成24年7月 | トップページ | 第200:プロの歯周病患者 »