« 第186:共存する虫歯と歯周病 | トップページ | 第188:平成23年12月 »

2011年12月21日 (水)

第187:帯状疱疹

帯状疱疹という病気にかかってしまいました。

10月末の休日、庭の手入れをしている時に背中に、異物が入ったように感じ、その夜、胸に赤い発疹が見られました。

虫刺されだと思い皮膚科に通院したところ、先生は帯状疱疹と即断、抗ウィルス剤を処方してくれました。

赤い発疹はみるみる拡がり、右半身の胸から背中にかけて巾10センチほどの疱疹の帯が出来ました。外部の疱疹の痛みと、内部の神経の痛みに夜も眠れないほどの時期もありました。皮膚表面のピリピリした痛みと、内部の神経の圧迫されるような痛みが混じりあった、独特な痛みです。

1ヶ月たって、医者から神経ブロック注射を勧められたのですが、背骨に麻酔薬を注射すると聞いて、怖じ気づいている内に痛みも下火になってきました。様子を見つつ今に至っています。日に日によくなってきています。完治したとはいえない状態かもしれませんが、我慢できる範囲なのでそのままにしてあります。いずれ痛みも消えることを期待しています。

そんな中、11月5日に歯科通院しました。先生は心配し、気の毒がってくれましたが、いつもよりは相当悪いと言うコメントももらいました。帯状疱疹は免疫力の病気なので、歯周病にも良いはずありません。密接に関係あるはずですが、この記事はカテゴリーを雑談としました。

|

« 第186:共存する虫歯と歯周病 | トップページ | 第188:平成23年12月 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/43458565

この記事へのトラックバック一覧です: 第187:帯状疱疹:

« 第186:共存する虫歯と歯周病 | トップページ | 第188:平成23年12月 »