« 第183:除石治療 | トップページ | 第185:平成23年11月5日 »

2011年10月28日 (金)

第184:平成23年10月22日

10月22日、歯科通院でした。
3ヶ月目の定期検診、かろうじて現状維持できていたようです。上側の清掃をしてもらい、概ね良好とのことでした。細かいところを注意され、下側は来週やってもらいます。

これとは別に、2週間ほど前に、右奥で何か硬いものを噛んだ拍子に、右の耳の下辺りの、顎関節に異常が起きた件を報告しました。炎症が生じたような痛みがありましたが数日で消えました。

記事第32に書いた、噛みあわせの高さの不均衡が再発したのです。その時は義歯を削って高さを揃えでもらいました。

今回のこの異常を先生に報告、調べてもらったところ、「左側の5番を中心として噛み合わせがやや高い。」ことが判明しました。先生の判断は、前回は義歯が原因だったので、躊躇なく削ったが、今回は自分の歯が原因なので、削ることなく治したい。当分左側で噛むようにしなさい、とのことでした。

右下の義歯は、5番と7番で両側から支えているので安定度が高いが、左側の義歯は。大きい上に片側でしか支えていないので、安定感が悪い。従って知らず知らずに右で噛む癖がついているのではないか、と先生は言うのです。まさにその通りで、意識しないと必ず右で噛んでいます。しばらくは意識的に左で噛むようにしなければなりません。

|

« 第183:除石治療 | トップページ | 第185:平成23年11月5日 »

通院日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/42723184

この記事へのトラックバック一覧です: 第184:平成23年10月22日:

« 第183:除石治療 | トップページ | 第185:平成23年11月5日 »