« 第163:平成22年12月 | トップページ | 第165:修行の目的 »

2011年2月 4日 (金)

第164:平成23年1月

1月22日、再予約して、12月に中途半端になっていた検診を継続しました。

先生は、左上6,7番と右下6番の義歯を支えている、左上5番及び右下5番と7番、の負担がやはり大きいようだ、清掃は行き届いているのに、傷みがうかがえる、と少し心細いコメントをされました。10年前、辛くも総入れ歯になるのをを免れたことを考えると、当然のことのようにも思えます。

義歯は通常意識していないので、負担を懸けないようにすることはなかなか出来ることではありません。やはり継続的な清掃と定期的な監視で、なるべくもたせるより方法がかないようです。
この日は下側の、更に翌週の29日に上側の、清掃・除石と歯ブラシ指導をしていただきました。例によって歯ブラシがポケットに正しく入っていない部分を詳しく指導されました。

|

« 第163:平成22年12月 | トップページ | 第165:修行の目的 »

通院日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/38732741

この記事へのトラックバック一覧です: 第164:平成23年1月:

« 第163:平成22年12月 | トップページ | 第165:修行の目的 »