« 第157:お役人様にお願い | トップページ | 第159:猛暑 »

2010年10月21日 (木)

第158:耐性菌

微生物の世界には不思議なことがあります。面白い記事がありました。歯周病と直接の関係はありませんが、興味本位で紹介します。

毎日新聞 2010年9月17日
◎ゴキブリ:人類救う?脳組織に耐性菌死滅作用 英大学発表
ゴキブリやバッタの脳組織に強力な殺菌作用があることを、英ノッティンガム大の研究チームが突き止め、英総合微生物学会で発表した。
薬剤が効かない多剤耐性菌が問題になる中、チームは新たな抗生物質の候補として期待を寄せている。
熱帯から亜熱帯に分布するワモンゴキブリと、農業被害をもたらすサバクトビバッタの組織を使い、耐性菌のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)や病原性大腸菌への効果を調べた。
その結果、ゴキブリ、バッタとも筋肉や脂肪などに殺菌作用はなかったが、脳や神経などの組織は細菌を90%以上死滅させたという。
9種類の抗菌性たんぱく質を見つけ、多剤耐性アシネトバクターなど、抗生物質がほとんど効かない細菌への効果も調べている。
チームは「清潔ではないところにすむ昆虫が、多様な細菌から身を守る力を持っているのは当然だ」と話す。
この発見が、新しい抗生物質の開発に実際に結びつくかは不明だが、チームの研究者らは「5~10年後には臨床試験し、製品化を目指したい」と意欲を見せている。

|

« 第157:お役人様にお願い | トップページ | 第159:猛暑 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/37330236

この記事へのトラックバック一覧です: 第158:耐性菌:

« 第157:お役人様にお願い | トップページ | 第159:猛暑 »