« 第152:1回の当たりの歯ブラシの時間 | トップページ | 第154:ピンポイント歯ブラシ »

2010年7月30日 (金)

第153:平成22年6月、7月

6月26日
3ヶ月目の定期健診でしたが、丁度夏風邪で体調不良と重なり、右下5番7番付近が痛む状態でした。本ブログの、第143と第145の記事で報告した、左上5番のときと同様の症状で、抗生剤を3日分処方してもらいました。
7月3日
結果確認、痛みはなくなっていません。先生に詳しく見ていただくと案の定、右下7番の舌側に深いポケットを発見。先生は、歯茎全体が引き締まってきているので発見しにくかったと言い訳じみた説明でした。率直な所見だと思います。このポケットは深い割に入り口は狭く、歯ブラシを入れるのは難しい所です。鏡で見せてもらいましたが、先生の細い針のような器具が、10ミリほども入るのを確認できました。次に歯ブラシ指導してくれた衛生士さんもこのポケットの発見には時間がかかりました。先生の言い訳を裏付けています。毛束を完全にばらさないと入りません。特別な歯ブラシを作る必要がある、ということになり、これは来週までの宿題となりました。
7月10日
私の作ったピンポイント歯ブラシの性能評価は、オッケーです。右下7番舌側の例の深いポケットに何とか入れることができます。これで毎日清掃して来週まで様子を見ることになりました。(この歯ブラシについては、別の記事で詳述します。)
7月17日
歯ブラシの効果は出ている、この調子で努力しなさい、と言うことで、次回は10月、の検診となりました。
見つけにくく且つ深いポケットに、歯ブラシを入れること、これが、結局一番よい方法なのです。今のところ毎日出血させています。その時の痛みは、日ごとに弱くなってきています。効果は出ているようです。いずれ出血も痛みもなくなることを期待しています。

取あえず、やれやれひと安心、でした。

|

« 第152:1回の当たりの歯ブラシの時間 | トップページ | 第154:ピンポイント歯ブラシ »

通院日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/35957463

この記事へのトラックバック一覧です: 第153:平成22年6月、7月:

« 第152:1回の当たりの歯ブラシの時間 | トップページ | 第154:ピンポイント歯ブラシ »