« 第116:平成21年7月 | トップページ | 第118:平成21年7月 »

2009年7月23日 (木)

第117:カツオ君の歯周病

夢見ケ崎動物公園(川崎市)のレッサーパンダの「カツオ」(雄、六歳)が、好き嫌いが災いして重い歯周病を患っている。左ほおが腫れ、目を開けれない状態。職員は初めは目に傷があると思ったというが、麻酔を打って診察したところ歯周病が判明した。「カツオが竹の葉をあまり食べないので、長年の歯垢(しこう)がたまっていたのでは」と推測する。レッサーパンダは竹の葉が主食。竹の繊維質には歯ブラシの効果があるが、カツオは竹嫌いのため、固形飼料やバナナなどを与えられていた。(東京新聞2009年6月13日から抜粋:全文は以下)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20090613/CK2009061302000071.html
食べる量が減り、体力が落ちているので、しばらく仕事を休ませるそうです。好き嫌いは身を滅ぼす。パンダのくせに竹が嫌いとは恐れ入ります。野生の生活ならとっくに死んでいる。あるいは野生なら好き嫌いは言ってられないので歯周病にならなかった。いずれかでしょう。
人間にも、カツオに負けない歯周病の人はいます。パンダの竹のように、食べれば歯周病が防げるものがあるはずです。それが見つからなくても歯ブラシがあります。先ずは好き嫌いをなくしましょう。

|

« 第116:平成21年7月 | トップページ | 第118:平成21年7月 »

歯周病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/30663969

この記事へのトラックバック一覧です: 第117:カツオ君の歯周病:

« 第116:平成21年7月 | トップページ | 第118:平成21年7月 »