« 第114:平成21年6月 | トップページ | 第116:平成21年7月 »

2009年7月 3日 (金)

第115:八重歯は愛らしい

八重歯は、犬歯が正常に生える場所を失い、唇側に飛び出して生えてしまった状態で、女性に多い。女性はあごの骨が小さいので飛び出しやすい、と説明されています。
本当だろうか?男女とも同じ大きさの歯が生える、のだろうか?あごの骨が小さいならその分、歯も小さいのが自然ではないだろうか?
八重歯が可愛いと思うのは私だけではないでしょう。女性を可愛らしく見せるための天の細工のひとつと考えられないのでしょうか。

近頃、米国事情をを模倣してか、八重歯は悪い歯並びの一種として、矯正や抜歯などの治療が推奨されているようです。矯正はとも角、抜歯には反対です。八重歯が愛らしいのは、乳歯が白くて可愛いのと同じように、天の采配と考えたいからです。
吸血鬼は八重歯が異常に発達しています。愛らしい八重歯も何十年もほっておくとパワーアップして吸血鬼の様になる??そんな馬鹿なことがあるはずがない・・・・・と信じましょう。他のお父さん達にも聞いて見たいものです。笑くぼはしわに変わったか?八重歯は牙に変わったか??

|

« 第114:平成21年6月 | トップページ | 第116:平成21年7月 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/30388150

この記事へのトラックバック一覧です: 第115:八重歯は愛らしい:

« 第114:平成21年6月 | トップページ | 第116:平成21年7月 »