« 第113:乳歯は白い | トップページ | 第115:八重歯は愛らしい »

2009年6月24日 (水)

第114:平成21年6月

6月20日歯科通院
先週型取りをした右下5番と7番に新しい金属をつけました。セメントの固まるのを待つために、義歯そのものの型取りは更に来週ということでした。
歯科には補綴(ほてつ)という専門分野があるそうです。国語辞典によると、歯の欠損を義歯・金属冠・継続歯などの人工物で補って、機能を回復させること、です。車で言えば板金修理、衣類などではパッチワークといったところでしょう。
補綴(ほてつ)の分野では最近、接着剤が進歩したそうですが、わが先生は未だ接着剤は問題点も多いので、従来のセメントを使っているのだそうです。金属と歯の削り面を合わせ、両者のわずかな隙間にセメントを入れ、空気を押し出して固定するのです。わが先生は、得意そうに、ここが歯医者の腕の見せ所だと説明してくれましたが、うまくいった証拠と思われます。

|

« 第113:乳歯は白い | トップページ | 第115:八重歯は愛らしい »

通院日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/30256018

この記事へのトラックバック一覧です: 第114:平成21年6月:

« 第113:乳歯は白い | トップページ | 第115:八重歯は愛らしい »