« 第75:セルフケアから始まるお口の健康(1) | トップページ | 第77:歯ブラシと歯の関係その2 »

2008年10月28日 (火)

第76:セルフケアから始まるお口の健康(2)

(続き)
東京都歯科医師会付属衛生士専門学校の石井実和子先生が歯ブラシの実習をやってくれた。先生と助手、それに20人もの衛生士の卵たちが分かり易く教えてくれた。全員白衣にナース帽、ピンクのエプロンを着用していたのが華やかだった。会場のお父さんやお爺さん達もこの時は目を覚ましたようだった。
実習そのものは、日に1回磨きさえすれば、くらいに思っている人には有益だろうと思う。「もっと丁寧に磨かねば」と思ったに違いない。何はとまれ、歯ブラシを持ち、歯に当てなければ何も始まらない。入れ歯の磨き方との磨き方も多くの人に参考になったと思う。
しかし、歯ブラシの達人には物足らないものだった。私も歯ブラシ講習会をやるが、この日の実習はほとんど参考にはならない。歯の表面の汚れを磨いて落とすという説明はとも角、歯周ポケットの清掃には何の言及もなかった。20分程度のシンプルな実習だったので無理もないが、これを聞いた人たちの歯ブラシが明日から格段に良くなるとは思えない。自慢じゃないが「歯周病が治る歯ブラシ法」では、歯ブラシの目的から説明を始めている。

しかし、最近このような市民のための講座が盛んだが、大変結構なことだ。8020運動の地道な一環だと思うと頭が下がる思いだ。有難うございました。

|

« 第75:セルフケアから始まるお口の健康(1) | トップページ | 第77:歯ブラシと歯の関係その2 »

評論家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/24809676

この記事へのトラックバック一覧です: 第76:セルフケアから始まるお口の健康(2):

« 第75:セルフケアから始まるお口の健康(1) | トップページ | 第77:歯ブラシと歯の関係その2 »