« 第68:良い癖、悪い癖 | トップページ | 第70:歯の健康と身体の健康 »

2008年10月 6日 (月)

第69:JIS(その2)

(第63の続き)歯ブラシの寿命は毛の湾曲、変形で決まる。ある程度以上変形してしまったら寿命だ。ほとんどの歯ブラシの毛はナイロンでできている。一般的に、細い毛は太い毛より変形しやすい。したがって細くて長い毛を持つ歯ブラシは、太くて短い毛を持つ歯ブラシよりも寿命が短い。また歯ブラシは消耗品なので価格も重要だ。私の場合、毛の長さは10ミリ以上あればよい。毛の太さはあまり気にしない。毛が太すぎて困るほどの歯ブラシは今まで見たことがないからだ。これらの事から価格も重視する。このブログ、第35,36の記事にも、「歯周病が治る歯ブラシ法」にも歯ブラシの寿命については書いたので参照してほしい。歯ブラシ道場の黒帯(有段者)は、歯ブラシにこだわる。だから、JISの「屈曲回復率」は(やや凝り過ぎのきらいはあるが)重要な指標だと思う。

|

« 第68:良い癖、悪い癖 | トップページ | 第70:歯の健康と身体の健康 »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/24309490

この記事へのトラックバック一覧です: 第69:JIS(その2):

« 第68:良い癖、悪い癖 | トップページ | 第70:歯の健康と身体の健康 »