« 第45:免疫力向上策 | トップページ | 第47:国民病 »

2008年8月 3日 (日)

第46:免疫力は向上した

前回に引き続き自分の免疫力について考えている。
6年前職場の定期健診でピロリ菌がいることが判明した。ヘリコバクターピロリと言う菌で癌の原因になる有名な菌だ。早速除菌のための治療をした。抗生剤を1週間服用する。しばらくして培養検査する。このときは除菌に失敗した。医者は私の薬の飲み方を疑った。規則正しくなかったのではないかと言うのだ。私は指示に従った自信はある。次の年も当然のことながらピロリ菌はいた。再度除菌治療に挑んだ。またしても失敗した。医者は今度は菌を疑った。耐性菌ではないかと言う。
あきらめて5年経った。今年1月、定期健診で、ピロリ菌の検査を5年ぶりにやってみた。居て当たり前なのだが、5年経ったのにまだいた。3度目の正直と思い治療した。今回は除菌に見事に成功した。5年経って、薬もより効くようになったせいなのか、病院と先生が違うせいなのかは知らない。ピロリ野郎をやっつけたのは事実なのだ。免疫力が向上したせいだと思うことにした。
P&G株式会社が発行した「オーラルヘルスと全身の健康」という小冊子を見た。なんと「ピロリ菌感染胃疾患」も歯周病と関係があると書いてあるではないか。

5年の間に、歯周病が好転したことに加えて、入浴で免疫力が高まり、ピロリ菌が弱くなっていたところだった、と思う。

免疫力について、専門的なことを判りやすく書いている人が居る。ドクターホワイトだ。私が愛読しているブログのリンクを載せさせてもらいます。

http://118kenkousika.iza.ne.jp/

|

« 第45:免疫力向上策 | トップページ | 第47:国民病 »

歯周病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/22747438

この記事へのトラックバック一覧です: 第46:免疫力は向上した:

» 小児の風邪 [情報辞典「マンドラゴラ」]
小児疾患についての話題です。小児にとって、一番身近な疾患といえば「風邪」です。「風邪」と呼ばれるものは、殆どが、鼻や喉にウィルスが感染して炎症を起こ・・・ [続きを読む]

受信: 2008年8月 5日 (火) 07時06分

« 第45:免疫力向上策 | トップページ | 第47:国民病 »