« 第27:歯ブラシの毛を歯周ポケットに | トップページ | 第29:記事の一連番号 »

2008年7月 5日 (土)

第28:えのちゃんへ

「大内さんは3本の歯ブラシを使っておられるそうですが、お使いの歯ブラシを教えてください。私が使っているのは毛先が太いのか、歯周ポケットに入ったという感覚が得れないのですが…それとも初心者だから入らないのでしょうか?」

えのちゃんコメント有難うございます。できる限り丁寧に回答させてもらいます。
「歯周病が治る歯ブラシ法」の中では6種類の歯ブラシを紹介しました。今私は3種類を使い分けています。1:「3列8段のコンパクト歯ブラシ」、2:「2列6段の超コンパクト歯ブラシ」、3:毛束が1つの「ワンタフト歯ブラシ」の3種類です。2と3は特定の部分に使います。
ブログの中でも歯ブラシについてはこれからも取り上げますので、見てくださいね。極細ではありません、普通の太さです。毛先が太いから入らないと言うことはないと思います。
感覚が得られないのは入っていないか、感覚そのものをまだ知らないか、健康なために特異な感覚がないためか、だと思います。ブログに先ほど書いた記事で少し詳しく、写真も入れて書きましたので見てください。歯ブラシの毛は数十本の束でできていますが、これをバラして薄くして入れてみてください。鏡でよく見えるところからまずは始めて下さい。

ご健闘を祈ります。

「歯周病が治る歯ブラシ法」すぴか書房(TEL048-464-8364 FAX048-464-8336)
http://www.spica-op.jp

|

« 第27:歯ブラシの毛を歯周ポケットに | トップページ | 第29:記事の一連番号 »

質問と回答」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。きっと、感覚そのものをまだ知らないからでは無いかと思います。大内さんの本を購入しましたので、読んで勉強します。先日、歯痛がたまらないので、近所の歯科医に行ったところ、「歯槽膿漏に近いので、抜歯をしてインプラントにしましょう。」と、言われました。抜歯をするより、歯磨きで歯槽膿漏が治るものならと思って、今日から大内流の歯磨きをすることにしました。

大内です、こちらこそ有難うございます。
歯科にはいろいろ専門があるらしくインプラント専門医は抜歯しようと言います。「歯槽膿漏」という言葉を使ったならその先生の歯周病知識はかなり古いと感じます。歯周病専門医を探してください。決して抜かないでと言いたいです。

投稿: えのちゃん | 2008年7月 6日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/22089587

この記事へのトラックバック一覧です: 第28:えのちゃんへ:

« 第27:歯ブラシの毛を歯周ポケットに | トップページ | 第29:記事の一連番号 »