« 第35:歯ブラシの寿命 | トップページ | 第37:歯ブラシと手の関係 »

2008年7月14日 (月)

第36:ワンタフトブラシ

写真は毛束が1個の歯ブラシで、ワンタフトブラシという。これは部分的に使用するものなので何回と一概には言えないが、ある程度使うとやはり開いてしまう(左)。輪ゴムでぐるぐる巻きにして(中)数日置くとまた少しは使えるようになる(右)。ワンタフトは比較的値段が高いので、私はこうやって地球温暖化防止に貢献する(ケチる)。

Dscn0629 ワンタフトの変形状況

ワンタフトには種類があるが歯周病のためには、山形のものや、短いものは不可。毛足の長い、平らなカットのものがよい。でないと歯周ポケットの深いところには届かない。写真の上を推奨する。下は山形カットとなっているが推奨できない。

Dscn0627

|

« 第35:歯ブラシの寿命 | トップページ | 第37:歯ブラシと手の関係 »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/22288576

この記事へのトラックバック一覧です: 第36:ワンタフトブラシ:

« 第35:歯ブラシの寿命 | トップページ | 第37:歯ブラシと手の関係 »