« 第21:歯磨き剤(3) | トップページ | 第23:ネット上の反響(2) »

2008年6月22日 (日)

第22:人生最後の楽しみ

人生の目的は人それぞれ違う、と私は思わない。すべての人の人生の目的は同じだ。自己の充実と種族の繁栄の二つ。本能も二つ、自己保存本能と種族保存本能。欲も二つ、食欲と性欲。大内さんそれは極端過ぎるよと多くの人が言うのでやや自信は揺らいでいる。
歯というものは、食欲と密接に関係する。食べる楽しみは人生ほとんど最後まで保たれる。食べる意欲や能力が失われると即ち死ぬ。
80・20運動と言うのがあるが、80歳で自分の歯を20本以上残そう、とする運動だ。20本にどんな意味があるのだろう。食べ物をおいしく食べる最低の本数、と私は勝手に解釈している。自分で食べる実感を持つためには、20本は必要なのだ。
それ以下だとおいしく感じなくなるかどうか、私は知らない。

私は3本の入れ歯を使っている。違和感は当然ある。しかし、おいしくないかと問われると、おいしさは変わっていない感じがする。胴回りも着実に増加しているところを見ると自己保存のメカニズムは正常に働いている。抜けてしまった歯の本数が増えた場合どうなるか、差し支えなければどなたか教えて欲しい。
孫の成長を見る楽しみもあるが、人生最後の楽しみはおいしいものを食べる楽しみではないだろうか。

|

« 第21:歯磨き剤(3) | トップページ | 第23:ネット上の反響(2) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/21811791

この記事へのトラックバック一覧です: 第22:人生最後の楽しみ:

« 第21:歯磨き剤(3) | トップページ | 第23:ネット上の反響(2) »