« 第10:歯が長くなった | トップページ | 第12:歯ブラシを称える »

2008年6月 3日 (火)

第11:08年5月

5月28日、通院。T歯科にはすでに平成11年11月から、通算105回目の通院となる。歯ブラシの達人とは言っても、60歳の歯周病患者であり、先生のアドバイスは必要。だからこまめに通院する。平均、月1回だが、最初の、ひどかった頃は毎週行った時期もある。月謝と考えると2000円以下の計算、信じられないほど安い。

前回は4月26日に、右上6番の露出している歯根部に対する歯ブラシの当て方が不十分なことを指摘され当て方を指導された。それを実践してこの1ヶ月毎日出血させた。今日は、その是正とその後の効果を見ていただいた。歯ブラシはよくあたるようになっており状態も落ち着き始めている、この調子でやっていけばよいとのことだった。

しかし今回は思いもよらぬところの問題を指摘された。上の前歯の表側に手抜きが見られるというのだ。歯ブラシの最も当て易い、達人には初歩的な部位、に歯ブラシが十分行き届いていないというのだ。基本に帰って丁寧にやらねば、と反省した。したがって次回も1ヵ月後の通院にしていただいた。達人などと恥ずかしい限りだが、毎回新しい発見があるのも事実だ。

|

« 第10:歯が長くなった | トップページ | 第12:歯ブラシを称える »

通院日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041287/21380887

この記事へのトラックバック一覧です: 第11:08年5月:

« 第10:歯が長くなった | トップページ | 第12:歯ブラシを称える »